頭皮カサカサ

頭皮がカサカサするのは、本来必要な皮脂や水分が不足し、乾燥してしまっているため。それでは、なぜ頭皮が乾燥してしまうのでしょうか。考えられる主な4つの原因を見ていきましょう。
① 季節と環境による乾燥

乾燥が気になる季節といえば冬。湿度が低いうえに暖房の使用などで空気の乾燥状態が続き、皮脂の分泌が減ってしまうことがあります。

さらに、意外にも乾燥しやすい季節が夏。夏は紫外線ケアが欠かせない季節ですが、頭皮の日焼けケアは忘れられがち。

紫外線を浴びることによって皮脂が酸化し、頭皮がデリケートな状態になることで乾燥が進むといわれています。
② 間違った洗髪方法による乾燥

よく、フケや汚れを気にして朝晩と2回シャンプーをする方がいますが、残念ながらこれではより乾燥が進んでしまう可能性があります。

1日2回以上のシャンプーや高温のシャワーは、頭皮に必要な皮脂まで取り除いてしまうことがあるためです。

また、爪をたててゴシゴシと洗うのもNG。爪が頭皮を傷つけ、地肌に負担がかかり乾燥の原因になることがあります。

髪を乾かす際にも注意が必要。

高温のドライヤーを頭皮に直接当てると、表面の水分だけでなく頭皮のなかの水分も蒸発させることになりかねません。

③ 栄養不足による乾燥

必要な栄養素が十分に頭皮に行き届かないと、筋肉が凝り固まり血行が悪くなるといいます。血行が悪くなると、頭皮は適切な働きができずに乾燥を招くことがあります。

特に、ビタミン群が欠乏すると皮脂が酸化しやすくなり、酸化した皮脂が頭皮を刺激するため乾燥しやすくなります。
外食やインスタント食品が多い方は注意して下さいね〜!
④ 体質・病気による乾燥

遺伝的な体質や病気が原因で頭皮の乾燥が現れる場合もあります。
いずれも頭皮の乾燥以外の悩みをともなうことも多く、少しでも気になる方は専門医の診療を受けられることをおすすめします。

投稿者プロフィール

小夏 さやか
小夏 さやか